2008.12.12

「グリーン・クリスマス・フェスタ」
グリーン・エネルギー・シンポジウム
(トーク&ライブ)結果報告

「グリーン・クリスマス・フェスタ」の一環として、東京・恵比寿ガーデンホールで、12月12日、グリーンエネルギーというキーワードの認知度向上と、グリーンエネルギーの持つ「意味」や、「理念」についての一般消費者等への理解を促進するイベント「グリーン・エネルギー・シンポジウム(トーク&ライブ)」が行われた(入場者数:約2000人:入場無料)。

「グリーン・クリスマス・フェスタ」は、全国のクリスマスイルミネーションにグリーン電力証書を活用する「グリーン・クリスマス・ライトアップ」や、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2008」への出展など、さまざまな活動を展開した。

このイベントは、グリーンエネルギーの認知度向上と普及拡大を図りたい、企業、グリーン電力発電事業者、消費者等の連携によって平成20年6月に設立された「グリーン・エネルギー・パートナーシップ」の会員が主体となって実施されており、経済産業省も支援を行っている。

イベント開始前、ホールには大勢の観客で賑わう。
さっぽろホワイトイルミネーション(札幌市中央区)

ライトアップされたステージ上に、"ecocolo"の副編集長、孫奈美さんが登場、グリーンエネルギー認証センターの工藤拓毅さんとモデルの平野由実さんを紹介、第1部のグリーンエネルギーセッションが始まる。

左から孫さん、真ん中が平野由実さん、右が工藤拓毅さん

第1部では、分かりやすいスライドショーをあわせたトークセッションで、地球温暖化のしくみから始まり、今なぜ「グリーンエネルギー」を考えていかなければならないか、さらに私たちにできることのひとつとして「グリーン電力証書」の購入によるサポートが紹介される。会場にいる多くの参加者が、興味深く聞いていた。

地球温暖化の様子を説明

押尾コータロー

wyolica(ワイヨリカ)

SOFFet(ソッフェ)

押尾コータローのギターテクニックに熱狂した後は、wyolicaのしっとりした曲に和み、さらにSOFFet のノリで盛り上がったところで、全員によるコラボも披露されるというファンには嬉しいクリスマスプレゼントとなった。

全員によるコラボ

なお、このイベントの様子は早速ブロガーからレポートされている。

活動レポート一覧に戻る